TOPページのみに表示するメイン画像のaltが入ります。

クリスマス・ハロウィンの本質

このサイトは、クリスマスとハロウィンのことをあるきっかけで調べる必要が出てきて、 調べれ調べるほどに、クリスマス・ハロウィンの文化や歴史や祝祭の意義などに興味深くなり、自分なりにまとめたくなったので作成をしています。

毎年、9月から12月までの年末までの期間にハロウィンとクリスマスの祝祭または、イベントが行われますが、世界規模の行事という認識もなく、普通に楽しむ人がほとんどです。 ここまで世界規模になっているのは、共通した人間の深層意識になにか大きな意味があるのではと考え始めてから、非常に興味深くなりました。

サンタクロースの原型といえる聖ニコウラウスのイメージは現在では、誰もが大好きなサンタクロースですが、実際は、鬼神といえるほど、残忍で恐ろしい陰のイメージがそもそもあったと言われています。日本の奇妙な祭りと言える秋田県のナマハゲ祭りのような存在に似ています。ハロウィンでも言えるのですが、一見明るくて楽しくてハッピーな人気キャラクター・プリンセスなど仮装をしますが、一方で、ハロウィンは日本のお盆に似ている文化で、おばけ・ドラキュラ・ゾンビ・魔女など陰と言えるイメージが混合されていています。ただ、陽の明るいいいイメージだけではありません。クリスマスとハロウィンの本質には、人間の生死を意味する陰陽的な意味合いがあるのだと考えるとすごく人間の深層心理に関連があるとだと感じます。

両方とも神々(あの世の存在)が説目に人間の世界を訪問したり、神々(あの世の存在)が鬼のように仮面仮装のおどろおどろしい姿を出すことや、神々(あの世の存在)が子供を脅かしたり、ご褒美を上げたりすることの共通点があるかと思います。

調べれば調べるほど、聖ニコウラウスのイメージが変わります。また、サンタクロースである聖ニコウラスを引っ張っているソリがトナカイで有名ですが、実は昔はブタだったなど驚きの事実を知ったりします。現在は、商業的なイベントとしてしまいがちで「なぜ、この文化が行われるのか?」を知らして過ごします。祝祭であるクリスマスやハロウィンの本質をより理解できると、世の中の物事の本質も理解できて賢くなれる気がします。

もし、クリスマスが存在しなかったら、世の中は殺風景な季節シーズンになります。光り輝くイルミネーションやクリスマスのプレゼントのイベントや子供たちに夢のある存在を伝えたりすることがない世界になります。非常に寂しい世界になります。どれだけ、クリスマスの季節は私たちを素敵な時間を過ごさせているかは計り知れません。ハロウィンも収穫感謝祭であり、魔除けのためのお祭りですが、アメリカではハロウィンを通じて社交場としても役目があるとも言えます。パーティー・イベントを通じて地域なコミュニケーションができます。日本では、まだ仮装パーティーというイベントの位置づけであるとは感じますが、仮装パーティー・ハロウィン衣装を通じて、仮装することのメリットもたくさんあるかと思います。ハロウィン・クリスマスでは、歴史・祝祭・神話によく登場する仮装は、いろいろな文化的な背景があってこそなので、現在のクリスマスシーズンのこのようなサンタコスプレにあるサンタ衣装が日本でも流行っている深層心理が理解できるようになれば面白いかと思います。深層心理的には、仮装する、アイデンティティーを装うということにもつながるので、新しい自分を感じることができるので仮装することが、ある意味、海外旅行にいくような非日常の経験ができ、非常に気分転換もでき、日々の生活を潤すことが可能になります。興味深いことなので、気づいたことや学んだことなどあれば、記事に更新していきたいと考えています。

ハロウィンやクリスマスには、様々な”善き”意図が含まれていると感じます。このサイトを通じてよりクリスマスやハロウィンが好きになってくれるように更新していきたいと感じています。

▼最新ニュース

ページトップへ